京都で木の家の注文住宅を建てる近藤工務店。無垢の木を知り尽くした工務店です。

京都で木の家の注文住宅を建てる近藤工務店

手抜き・欠陥住宅を防ぐ方法

  

手抜き・欠陥住宅を防ぐ方法

 

◎第三者に工事チェックを依頼する

 

◆住宅性能表示制度    ~住宅性能を統一評価する~

「住宅の品質確保の促進等に関する法律」(以下、品確法)に基づいてできた任意の評価制度。住宅の性能を統一基準で評価し、その結果は等級で示される。設計段階の評価と建設段階の評価の2種類があり、建設評価を申請した場合には、基礎配筋工事完了時、躯体工事完了時、下地張り直前工事完了時、そして竣工時の計4回検査が行われる。建設住宅性能評価書が交付された住宅については、入居後に欠陥や不具合があった場合、指定住宅紛争処理機関に紛争処理を申請できる。金額は設計評価と建設評価を合わせて約10万~15万円ほど(評価機関によって異なる)

 

 ◆住宅性能保証制度    ~欠陥補修費用の不安を解消~

住宅保証機構に登録している住宅メーカーや工務店が、この保証制度を利用して建てた家に対し、「10年保証(構造上必要な部分)」と「短期保証(それ以外の設備の不良など)」を行う制度。 品確法の施行により、基本構造部に関しては10年間の保証が義務づけられるようになったが、依頼先が不誠実だと補修してもらえない可能性も。そんなとき、この制度を利用すれば保証機構が登録業者を保険金でバックアップするため、施主は登録業者から10年間無料で保証が受けられる。また、万一会社が倒産した場合でも、補修費用の95%が保険金でまかなえる。 工事検査は、基礎配筋工事完了時と、屋根工事完了時の2回。申し込みには登録料がかかり、料金は施工会社によって異なるが、本体価格の0.5%程度が目安。

 

 ◆建築士・検査機関    ~監理のプロに直接依頼~

工事監理を専門に行う建築士や民間の検査機関にチェックを依頼する方法もある。気になる箇所だけ目視検査をするケースから、正式に「監理者」として契約する場合まで、依頼の方法はいろいろ。「工事中に施主としてチェックをすべきだとは思うが、どう見たらいいのかわからない」という場合などに力になってもらえそう。

 

■役所や機構の検査があるから安心? 

役所に確認申請を出して、検査済書もあるから安心、と思いたいところだが、残念ながらそうは言えない。現場検査をするといってもその時間は10分程度。家の隅々までチェックするのは不可能だ。役所の確認申請というのは、欠陥を防ぐ目的で行われるというよりも、事務手続きの一環と考えたほうがいいだろう。また、住宅金融支援機構の融資の現場審査に関しては、「工事が機構の定める建設基準に適合するよう行われているか、建設費が機構の定める規定に適合しているか、中間資金交付のための出来高に達しているかについて、目視でわかる範囲で審査することであり、すみからすみまで検査するのとは違う」と明記されている。

 

◎現場を自分でチェック
 ■工事の流れとチェックのタイミング     ※木造軸組工法の場合の目安
  基礎 ~家をしっかり支えられるか~ 
基礎工事は、地面を掘って、突き固め、鉄筋を組み(配筋)、型枠をつくりコンクリートを流し、固まったら型枠を外す、という流れ。できればそのすべてを見ておきたいです。特に配筋チェックは、コンクリートが流されたらおしまいなので、工程表で確認しておきましょう。完成した基礎から突き出たアンカーボルト(金具)の位置も重要。設計図と照らし合わせてみましょう。
切断された鉄筋 基礎のジャンカ

立上がり縦筋が↑のところで切断されています。これでは基礎の強度が弱くなってしまいます。

 

基礎のジャンカ(表面に凸凹が出来ること)です。ジャンカは、型枠にコンクリートを流し込む際に、空気・骨材(砂利)などが水と分離して、セメントが均一に行き渡らずに生じてしまいます。
  構造 ~もっとも肝心なポイント!~ 
欠陥住宅は骨組み工事での発生率がとても高い。完成してしまえば見えなくなってしまうところなだけに、手抜きやミスも起こりやすくなるのかもしれません。 まずは、土台のアンカーボルトがしっかり締めてあるか、柱を基礎に固定するホールダウン金物がきちんと取り付けられているか、筋交いが所定の位置に入れられているかを設計図と合わせて見ておきましょう。補強金具がたくさん取り付けられていても、正しい位置に使われ、しっかりとビスで留められていなければ用をなさないので、ここも注意したいです。
筋交いを欠き込んで金物を施工 金物のビスがない!?

ホールダウン金物が、当たってしまうために筋交いを無理やり切り欠いて納めた。

筋交いプレートのビスの打ち忘れ

  断熱 ~ミスすると結露の原因にも~
断熱材を壁や天井裏に施工しても、隙間があると期待した効果が得られない。それどころか、壁内結露が起こり、カビが発生する原因に。隙間ができやすいのは、壁と床・天井との間、柱との接点など。それから湿気を遮断する防水シートにも注目。配線や配管を通すためにシートを破る場合がありますが、その周囲をテープで補修しなければ、雨水などが壁内に入り込んでしまいます。
隙間により効果薄です  防水シートの破れ 

 隙間があいて。いるとその効果も発揮されません。

 こういった部分においては、防水テープによる防水処理が必要になります。

  内外装・設備 ~下地段階でチェックしよう~
 配線の位置確認は、内装を仕上げてしまったら手遅れ。その前に電気配線図と合わせて見ておきましょう。 内装は石膏ボードが下地になることが多く、その取り付け方がいい加減だと内装のクロスを張ったときに、亀裂が入ったり、よじれてしまう恐れも。平らに張られたボードのつなぎ目をさらにパテで丁寧に処理していれば、クロス張りも美しく仕上がるでしょう。 打ち合わせのときに決めた建具や設備関係についても、要望通りの型番や色が入ってきているか一つひとつ確認を。
 コンセント位置の不良 もう少し丁寧に… 
 よく見ると後ろにコンセントが半分見え隠れしています。  内装の仕上げは職人さんの技量も大切ですが、このプラスターボードをいかにきれいに処理しているかが重要です。
  現場チェックの際の注意点
 設計書や仕様書と現場の内容に一致しない部分があるときに、注意したいことがあります。それは、現場の職人さんに直接指示を出さないようにすること。必ず依頼先の担当者に文面で問い合わせて、返事に関してもFAXやメールなどの文書でもらうようにしましょう。